進物用ギフト・手土産にはどんなお菓子がいいですか?

御素麺屋です。

春のこの時期は、引越し、異動、卒業、入学といろいろと人が動く時期です。

その際の御挨拶などでお菓子を渡すシーンがあると思います。

そんな時に最適なお菓子はどんなものでしょうか?

 

まず、お客様が考えるのが日持ちです。

相手によっては、いつ食べるか分かりません。

包装紙をあけたら、賞味期限が切れていたという状況は避けたいものです。

「日持ちがしない商品なのでお早めにお召し上がりください。」と言える関係性であれば、

問題ありませんが、そうでない関係性もあります。

よって、できるだけ日持ちのする商品をお求めになります。

 

もう一つは、商品のバラエティです。

これも相手によっては、好みのお菓子が分からない場合があります。

いろいろと入っていると、相手の好みに合わせられる可能性が高くなります。

逆に、相手の好みが分かっている場合は、1商品の詰め合わせに決めるのも良いとおもいます。

 

最後は、常温の商品です。

ケーキなど要冷蔵の商品ですと、相手先に冷蔵庫があるかどうか分かりません。

また、「要冷蔵商品なんで、冷蔵庫に入れてください。」と伝えないといけません。

そういった手間も考えると常温商品の方が求められます。

 

こんな感じで、お菓子をお渡しする相手との関係性によって、商品は決まります。

無難な商品となると、御素麺屋では、和菓子の詰合せ・洋菓子の詰め合わせとなりますね。

和菓子詰合せ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洋菓子詰合せ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまでも相手によります。

相手との関係性が深い場合は、相手の好みに合わせることが大事だと思います。

相手がかりんとう饅頭が好きであれば、

「賞味期限1日ですが、好きだと聞いたのでかりんとう饅頭をお持ちしました。」と一言伝えていただければ結構です。

 

「相手のことを思う」というのが大切なのかもしれませんね。

 

ありがとうございます。

御素麺屋

カテゴリー: よくある質問, 御素麺屋の和菓子, 御素麺屋の洋菓子, 新着情報 パーマリンク